美しきイケニエ

気が付けばお盆も過ぎて夏ももう終わり。

お盆休み なんてもう何十年も縁がなかったので

今年休みがあってもなんだか調子が狂うし、何だか不便。

 

長らく花屋をやってきた私にとって、お盆は

母の日、年末に並ぶ繁忙期のひとつ。

ずばり、稼ぎ時!

お休みなんて概念は全く無いのです。

 

しかし、子供の頃には仏壇の飾りものを磨いたり

提灯を持って、夜のお墓にご先祖様をお迎えに行ったり

大人も子供も家族総出で年中行事を行ったなぁ。。。

ああ、昭和は遠くになりにけり。

FNP100Blue1303-C01.jpg

ここ最近はそこそこご年配の方でもお盆の飾り方がわからない。

かなり多くの継承すべきものが途絶えてしまったように思える。

 

無宗教と言いながらも神仏を敬う日本人

神も仏も他国のイベントもなんでもあり?

まあ、八百万の神の国だもの

良い意味で緩くても良いのかな。。。

 

神仏にかこつけてイベントを楽しみ、

商人は商いのネタ、商機を探す。

花もその一つだけどね。

 

まつり事には木や花は必須アイテム

炎天下、すぐ枯れてしまうとわかっていながらお墓に花を供える。

無駄といえば無駄でしかない作業なのに

人はその一見無駄な儀式によって安堵を感じる。

とりあえず、すべきことはやったよね?って。

 

花の、榊や松、その他植物の持つ役割って何だろう?

花や木に神が宿るとされる。

天界と地上、人間界を繋ぐ媒体?

 

ああ、大袈裟な考え方かもしれないけれど、

そう思うと、花って美しきイケニエ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中