今更聞けないお花屋さんのこと

憧れの職業、なりたい仕事の上位にありながら、
せっかく就職してもリタイヤしてしまう

そんな残念な人が多いお花屋さん

花の資格を持っている人。
アルバイト経験のある人も多いのに
お花屋さんはいつも人手不足。

なぜ?

何故だか不思議ですよね。

それはまず、キレイで華やか、
優雅なお花屋さんのイメージと
厳しい現実のギャップかもしれない。

実のところ、3K どころか 5K 6K !?

と言っても過言でないくらいの仕事だからです。
きつい・汚い・臭い・厳しい

それなのに 給料が安い。。。

とほー。。。( ´-ω-)

水をたっぷり入れたバケツや花瓶、
大きな鉢植えはとっても重くて
腰痛持ちの人も少なくない。

水替えする時の汚れた水は
汚い上に思いっきり臭かったりする。

水仕事が多いのでネイルはすぐ剥げちゃうし
手荒れ、しもやけ、あかぎれにもなっちゃう。

肌の弱い人は植物にかぶれることもある。

年末に松を扱うお店だったなら
松ヤニで手が真っ黒になってしまうので
お買いもののお釣りを受け取るのをためらうくらい
恥ずかしい。^^;

お店の空調は植物の適温に合わせるので
夏も冬も寒いし、吹きっさらしの店もある。

その寒い中、一日中立ちっぱなし。
ともすると座るのはトイレだけ。(笑)

お店の立地や仕事内容によるけれど、基本、
ザービス業なので普通の人と休みが合わない

というのも若い人や子供のいる方には辛いところ。

ゴールデンウイーク(母の日前)、
お盆、お彼岸、クリスマス、年末は
まず休めないと思って間違いない。

でもね、そんな割に合わない仕事を
なんで30年も続けているのかと聞かれたら

「花屋冥利につきる」

ということなのです。

 

ar100haru1502-b01

ん? なに? それ?
意味わかんない!

ですよね。

 

「冥利」とはある立場にいることによって受ける恩恵。
なので、


「冥利に尽きる」という言葉の意味は、

その立場にいる者として、

これ以上の幸せはないと思う
・・・ということ。

 

まず、お客様にとってベストなお花を提供する。

お客様がそのお花を大切な誰かに贈って
その方が喜ぶ。

喜んでもらえたことでお客様が更に喜び、
幸せを感じる。

私はお花の購入代金をちゃんと頂いているのに、
更に感謝される。

時にお菓子を頂いたりする。!(^^)!

そう、三人が三人とも幸せを感じるのです。

 

イメージと違って辛い思いをしたり、
体を壊してリタイヤしたり
仕事が覚えられなかったり、
ついて行けなくて悔しい思いをしたり・・・。

そんな入り口でつまづいちゃいそうな人に

この「花屋冥利につきる」
という喜びを感じてほしいと思うのです。

 

さて、ここまで読んでくださった貴方の為に、

花を扱うテクニック、コツ、スキルアップetc・・・
な情報をお届けしていきたいと思います。

今更聞けないあんなこと、こんなこと、

時に、私の波乱万丈な人生の面白ネタも織り交ぜながら。

(笑)

3日坊主にならないように、
一週間に一度くらいのペースで。 ^^;

ストリートアカデミーという体験型スキルアップサイトで
ストリートティーチャーも始めました。

タイミングが合えばご参加ください。

500円分割引クーポン付無料登録はこちらから。


ストアカ

林 由佳

花仕事スキルアップ塾・Angel’s Garden

 

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中